TOP > 地球にやさしい企業へ

地球にやさしい企業へ

段ボールのリサイクル状況

段ボールのリサイクル状況

段ボールの主原料である原紙は、木材資源=天然資源をベースにつくられています。しかも、段ボール原紙は段ボールを古紙として再利用することで、数回も段ボールの材料として使われています。段ボールは波型に成型した中芯と呼ばれる原紙に糊をつけ、裏・表ライナーと貼り合わせしますが、そのときの糊もコンスターチ(とうもろこしが材料)を用います。すなわち、段ボール自身は天然素材からできているわけです。
波型のハニカム構造をとっているので、強度も強く、軽いため、包装資材として広く使われています。

[このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。]

Adobe Flash Player を取得


  リサイクル 地球にやさしい企業へ

いったん使われた段ボールを同じ段ボールの材料として再利用しますので、「リサイクル優等生」 といえます。

それゆえに本質的に地球にやさしい「産業資材」 といえます。

 


段ボールのリサイクル推進シンボル

段ボールのリサイクル推進シンボル

世界共通のシンボル

容器包装によるリサイクル法で、シンボルマークも決定しています。

リサイクル推進シンボル